全商品一覧を見る

内容を見る

 

お知らせ

お知らせです。

掲示板詳細
タイトル <対象> 心理障害1型に該当する場合
作成者 JIP心理障害1型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 1
評点 0点


 

心理障害(Ⅰ)は、3つの心理(認識、記憶、表現)のうち1つの心理に障害が発生した場合を指します。

・ 認識障害(認識の心理障害):パニック障害、不安障害、迫障害、恐怖障
 
・ 記憶障害(記憶の心理障害):うつ病
 
・ 表現障害(表現の心理障害):依存障害(外部表現障害)、意識障害(部表現障害)
 

心理問題が悪化して心理障害に進展すると、心理の回復力を喪失した状態であるため、自力では心理が回復できず、専門家の助けを受けても治療がされずに悪化するケースがたくさんあります。それで心理問題と心理障害を区分することはとても重要なことで、心理障害の概念と心理治療の概念が大変重要です。

心理問題が発生した場合、自力や門家の助けを受けて回復する場合は約70%~80%心理回復力が喪失した心理障害に悪化する場合は約20%~30%くらいです。

また、心理障害(Ⅰ)を治療する時は、心理問題を解決するよりも、より長い時間がかかり、より多くの費用がかかり、より多くの自分の努力が必要となります。したがって心理問題の時に自分で努力をしたり専門家の助けを借りて心理問題を解決するのが一番賢明な方法です。

心理障害(Ⅰ)に属する場合は、
 ・ 心理問題が6ヶ月以上いている場
 ・ 心理障害()の診断を受け物服用をして3年未の場
 ・ 心理障害()の診断を受け、心理治療をして3年未の場
 ・ 心理障害()を解決するため、心理の勉または特定の象に頭して3年未の場
 ・ 心理障害(生してから2年が経過していない場合

この他にも様々な現象で心理障害(Ⅰ)を判断することができます。

このような心理障害(Ⅰ)の場合は、オンライン治療教育(Ⅰ)を選択して心理治療をしなければなりません。すると傷治療と心理治療を行い心理回復力を取り戻して本の心理に回復することができ、二度と心理障害が生しないよう心理問題を自ら調節して解決できる能力をもつことができるようになります。
 

心理回復力を喪失した状態だと、自分自身の努力や専門家の助けがあっても、心理障害が次第に悪化され一定期間が経過すると、心理障害(Ⅱ)へと悪化します。

心理障害()化すると、治療の期間がより長くかかり、治療費用もより多くかかり、治療のための自分の努力もより多く必要になります

 そのため、心理障害(Ⅰ)の時に、これ以上心理障害を悪化させず、JIP1型心理治療をはじめてください。


添付ファイル
パスワード 削除するにはパスワードを入力してください。
관리자게시 게시안함 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte