全商品一覧を見る

内容を見る

 

お知らせ

お知らせです。

掲示板詳細
タイトル <対象> 神経性障害または身体化現象で多くの困難を感じている方
作成者 JIP心理障害1型治療センター (ip:)
  • 作成日 2021-06-01
  • おすすめ おすすめ
  • 照会数 0
評点 0点



JIPオンライン治療育は、神性障害または身体化現象を難なく治療します。神性障害または身体化現象の原因である心の傷とストレスをすべて治療して、心理障害も治療することで幸福な心で生きていけるようにします


神経性障害とは、「身体化現象」とも呼ばれ、心の問題が長く持続され、身体疾病のように現れますが、医学的には身体疾病ではない場合を言います。それで神経性の場合は、多くがストレスや心の傷が原因だと言われています。

一度神経性障害が発生すると、最初は神経性障害が現れる周期が長いのですが、時間が経つにつれ、その周期が次第に短くなる特徴があります。また、1つの神経性障害が現れてから、時間が経つと、また別の神経性障害が現れることも多くあります。それで複数の神経性障害を抱えているケースもたくさんあります。

このように、神経性障害で困難や苦痛を受けている場合は、本人はすでにだいぶ以前からその症状に気付いており、医学的な身体疾患に準じて治療を試みますが、次第に悪化されて放置するケースがほとんどです。

・ 生理症候群 : 生理痛、生理不順、激しい感情起伏などで困難を感じる
・ 神性頭痛 : 何かを深く考えたり、小さなストレスがある時に頻繁に偏頭痛が伴われて困難を感じる
・ 神性胃腸障害 : 食事をするたびに胃腸障害によって困難を感じる
・ 過敏性大腸症候群 : 緊張や不安、ストレスなどが起きると頻繁にトイレに行きたくなる
・ 神毛 : 深く考えたりストレスによって毛が生する
・ 神性身体痛症 : 何かを深く考えたり、ストレスを受けると、特定身体部位に痛みを感じる
・ チック障害 : 原因不明のチック現象が生し、日常生活に困難を感じる

その他にも、様々な神経性障害があります。

このような神経性障害で困難または苦痛を感じている方は、長い間、ストレスと心の傷が作用し続け、苦しみや日常生活の困難をもたらし、身体に現われる現象(身体化現象)であるため、医学的身体疾病に準ずる薬物処方または手術を受けても治療されません。この結果継続的薬物を服用しているケースもたくさんあります。

 この神経性障害は、心に傷が多い女性やストレスに継続的に晒されている男性によく発生します。

 

そのため、心の傷とストレスを治療すると、神経性障害が治療されるというのは容易に推測できます。つまり直に身体疾患を治療することは不可能ですが、心理治療をすることで身体疾患が消えるようにすることは難しくありません。

このような場合は、日常生活の中でストレスと傷と治療することは不可能です。治療されていないストレスと傷は持続的に作用して神経性障害が現われ、身体疾病に対する薬物を服用したり、気分転換をして一時的な苦しみや困難から抜け出そうとします。

神経性障害で長年苦痛と困難を感じてしる方なら、オンライン治療をとおして無意識がはたらく原理を正確に理解し、日常で心と無意識が作用する事例を通して、ストレスをヒーリングして傷を治療すれば神経性障害は治療されます。すると楽しく幸福な心をもって生きていけるようになります。

これは、実際にJIPオンライン治療育を受けた方々に共通して現れた現象です。

したがって、JIPオンライン治療教育は、神経性障害を治療(完治)して幸福に生きていけるようにする優れた効果があります。これが可能な理由は、JIPオンライン治療教育を通じて自分も知らないうちに「ストレスのヒーリング能力と傷の治療能力」が備わったからであり、自ら傷の治療と心理治療ができる能力がついたからです。

神経性障害は、ストレスのヒーリング能力と傷の治療能力がないまま、一定期間持続されたストレスと傷が身体に現れる現象だと見ることができます。

このように心と体の相互作用は、「こころ理論」と「性こころ理論」をとおして証明され、数千件の臨床をとおしてその効果が検証されています。心と心理が作用するメカニズムが分からないとこれらを解釈することも不可能であり、治療もとても難しいと言えます。

 



添付ファイル
パスワード 削除するにはパスワードを入力してください。
관리자게시 게시안함 スパム登録 スパム解除
一覧 削除 修正 回答
コメント修正

パスワード

修正 取消

/ byte